スマホでハメ撮りする方法

iPhoneやandroidなどスマホでハメ撮りできるのか?

ネットで検索すればでハメ撮りがけっこう見つかりますが、

だいたいはアダルトビデオなどのエロ動画のキャプチャー画像や
アダルト業者が撮影した画像になります。

でも、たまに画質が荒かったり、撮影の仕方が素人ぽかったり
素人が本当にハメ撮りしたような画像もありますよね。

そんなハメ撮りに興味がある人もいるのではないでしょうか?

 

実際にハメ撮りをしたことがない人も

ハメ撮りしてみたいという願望があるのではないでしょうか?

  • 社会的な行為ではないが、ハメ撮りと聞いて興奮する。
  • アブノーマルな快感を味わいたい

と思ったりするのではないでしょうか?
ではどうやってハメ撮りするのかお話しします。
ハメ撮りを撮影しようとすると、嫌がる女性は大勢います。

  • 嫌がる理由はネットにアップロードされたら嫌
  • 他の人に見られたら嫌

というようなものです。

悪用されないかな?
映像が流出したらどうしよう・・・

など女性はリスクを気にします。

今はそんな気がなくてもリベンジポルノされるかもと女性は心配するわけです。
リベンジポルノとは、復讐目的で元カノや元妻のハメ撮りなどをネットに流出させる行為です。

そんなこと絶対にしてはいけませんよ。

 

スマホでハメ撮りする方法【交渉パターン4つのポイント】

  • ハメ撮りしやすい女性
  • 1回目にお願いをしない
  • 交渉タイミング
  • 最初から部屋を明るくしない

 

ハメ撮りしやすい女性

エロい女性など淫乱で変態なドスケベ女性だと、ハメ撮りを受け入れてもらいやすいです。
また、女性があなたのことが大好きな状態という場合もハメ撮りを受け入れてもらいやすいです。

何度かセックスできていて、あなたがエロい男だって女性に伝わっていたら
だいたいの女性はハメ撮りを受け入れてくれます。

エロい男というのは言葉責めをしてみたり、バイブを使ったり、アイマスクを使ったりなど
ちょっとエロいセックスをする男だと思われることです。

ノーマルなセックスしかしない男と思われるよりも、
ドスケベな男だと思われている方がハメ撮りを受け入れてもらいやすいです。

 

1回目にお願いをしない

初セックスのタイミングではなく、また別の日にその女性とセックスするタイミングなどにお願いする方が良いです。

何度もセックスする関係になっているということは初セックスのタイミングより信頼があるからです。

 

交渉タイミング

必ず直接会ってる時に言ってください。

電話やLINEなどで言ってはいけません。

セックス中で盛り上がっている時がベストのタイミングです。
感じさせて、女性がイキそうなタイミングなどにハメ撮り交渉します。

「ゆうこが色っぽすぎて興奮してきた!すぐ消すから撮っていい?」
などと言います。また、セックスの最中に

「顔は写さないからおっぱい撮らせて」
などのように比較的難易度の軽いお願いからしていきます。

下着姿で胸の谷間だけ撮影させてもらうなども難易度が低いです。

 

ただ、ぺちゃぱいだった場合はおっぱいがコンプレックスのため、
手ぶらしてもらって撮影などでもいいでしょう。

「顔は写さない」というのがポイントです。

誰かに見せられたらと不安がる女性が多いからです。

「AVでオナニーするより、お前のおっぱいを見ながらオナニーする方が興奮するから撮らせてほしい」
などと言ってもいいでしょう。

 

最初から部屋を明るくしない

部屋を明るくして撮影すると嫌がる女性は多いです。
ですから最初は部屋を暗くして撮影してください。

何度もハメ撮りするような関係になれば、徐々に空気を読みつつ、部屋を明るくしていきます。

 

スマホでハメ撮りする方法【隠し撮り3つのポイント】

  1. 無音カメラアプリを使用する
  2. 目隠しする
  3. バックの体位でハメ撮りする

隠し撮りはリスクがあり、お勧めしません。

なので自己責任でお願いします。

 

無音カメラアプリを使用する

iPhoneやandroidなどスマホでハメ撮りする場合、無音カメラのアプリをインストールしておきましょう。

 

目隠しする

アイマスクなどで目隠しさせてから無音カメラなどで撮影します。

セックス中に音楽をかけておくとバレにくくて良いです。

 

バックの体位でハメ撮りする

バックの体位でピストンしながらハメ撮りします。
バックが好きな女性は要注意ですね。

バックが好きな女性は知らない間にハメ撮りされているかもしれません。

 

他にはカメラを固定させて事前にセットしておく
腕時計型の小型隠しカメラやペン型の小型隠しカメラを利用する

などありますが、盗撮はリスクが大きいし、お勧めしません。隠し撮りはトラブルの元です。

隠し撮りのやり方は読み物として楽しんで、実践は辞めておき、女性に交渉し、ちゃんと撮らせてもらうことをお勧めします。

婚活・恋活を加速するブログでは書けない効果抜群の恋愛ノウハウプレゼント

※ ページが表示されなくなった場合は配布終了しています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

友だち追加数