デートの食事代など女性に出させる2つの方法

デートの食事代など女性に出させるには

デート代は男性が払って当然と思う人も多いでしょうが、
女性にお金を出してもらいたい男性もいるでしょう。

特にデートした女性とこの先はないなと思った場合などは、奢りたくないと思ってしまったりしませんか?

  • 性格が悪い女性
  • 話しててつまらない女性
  • 好みでなく早く帰りたいと思うような女性

・・・・・・

などなどデートしたはいいけど微妙な女性もいますよね。

そんな女性と食事をした時などに割り勘にしたり、
女性に奢ってもらったりする方法を紹介します。

 

デートの食事代など女性に出させる2つの方法

デートの食事代など女性に出させる方法は2つあります。

  1. 過去に金を払わない女がいたという話をする
  2. 非常識過ぎる女に奢らせる方法

順番に解説していきます。

 

過去に金を払わない女がいたという話をする

デートをしている時などに

「前にデートした女の子でデートに財布を持ってこない女がいてさあ」
などの話をし、財布を持ってこない女性や、食事代などを出そうとしない女性は最低だって話をします。

そして、デートの会計の時に「2,000円でいいよ」などのようにお金をもらいます。
「2,000円でいいよ」という時は当たり前のように堂々と言いましょう。

 

9割以上の女性はこれでお金を出してくれます。

 

非常識過ぎる女に奢らせる方法

これは私自身はやったことがありませんが、
私の知り合いのめちゃくちゃセコい知人が微妙な女性と食事に行った場合に使う方法です。

会計の時に財布を見て

「あっごめん、お金ないから出しといて」
と言います。

女性が文句を言ったりする場合は

「後でATMで下すから出しといて」
などと言います。

ただコレは相当メンタルが強くないとできませんし、罪悪感があるでしょうし、
不誠実な対応ですのでお勧めはしません。

 

女性にも男性に奢ってもらって当たり前、男は財布と思っている女性もいますし、
このようなことを女性にやられる男性もいますから注意しましょう。

割り勘にするのはありですが、強引に女性に奢らせるというのはお勧めできません。

世の中には男は財布と思っている悪女が多いですが、
あなたは悪男にはならないでください。

 

この先はないなと思った場合の他の対象法

デートした女性とはこの先はないなと思った場合の他の対処法もお話ししておきます。

居酒屋などを予約してる場合は予約した店に断りを入れ、
急用ができたと言ってデートを断る

待ち合わせ場所から居酒屋などに行くまでの間にデートを辞めようと判断するのは賢い方法です。

非常に言いにくいし、断りにくいですが、
この先はないなと思ったのなら居酒屋に行く前に断るのも女性のためになります。

居酒屋で時間とお金をお互いに無駄にしないで済みます。

 

居酒屋などを予約してる場合は予約した店に断りを入れ、
カフェに行くか安い店に行く

お店に入る前に断るのは抵抗がある、悪いと思う場合は
ドトールやスタバなどのようなカフェに行くことをお勧めいたします。

食事が良い場合はお好み焼き、パスタ、オムライス、ラーメン、うどんなどのような
低価格で食べられるお店を選ぶことをお勧めいたします。

既にお店に入ってしまった場合は注文する量を少なくし、早く出る

既にお店に入ってしまった場合は2、3品で注文をストップし、
1時間以内にお店を出るなどすることです。

 

まとめ

女性が微妙だった場合は
時間とお金を無駄使いせずに早く見切った方が良いです。

タイプでない、この先関わることがないと見切った女性には

常識の範囲内で、時間とお金を無駄使いしないで済むようにしてください。

婚活・恋活を加速するブログでは書けない効果抜群の恋愛ノウハウプレゼント

※ ページが表示されなくなった場合は配布終了しています
  • デートの食事代など女性に出させる2つの方法

    0 シェア

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

友だち追加数