遅漏や膣内射精障害の対策方法 – 30代男性の大人の話 –

セックスしても射精できない

早漏についての方が悩みは多いでしょうが、

30代を超えると、どちらかというとセックスしてもなかなか射精できないというような
イキにくいことが悩みになる人の方が多いのではないでしょうか?

なかなか勃起しない、立ちが悪くなる、息子の元気がなくなる、中折れするなど加齢による下半身の悩みです。

勃起不全、フル勃起しない、すぐに萎えるなど悲しいですよね。

 

10代の頃は朝立ちがすごかったが
今は朝起きても勃起しないなどそういう人も多いですよね。

今回のお話しは勃起はするけどイケないとかそんな悩みについてです。

  • セックスしても射精できない
  • なかなか射精できない

ということは遅漏とか、膣内射精障害とか色々言われていますね。

遅漏は女性から嫌われやすいです。

 

その理由は

「エッチしたのにイカずに終わったのは私に魅力がないのかな?」
「あれ?私とのエッチ気持ち良くなかったのかな?」
「もしかして私のあそこゆるいのかな?」
「どこで出してきたんだろう?もしかして浮気してるのかな?」

などと女性から思われてしまうわけです。

だからイッたふりをしたり、コンドームを女性に見つからないようにゴミ箱にすぐに捨てるなどするわけです。

そして遅漏や膣内射精障害が原因でセックスレスになったり別れの原因になったりします。
早漏よりも遅漏の方が実は精神的なダメージがあります。

女性も精神的なダメージを受けますし、男性も

「イケないからスッキリしない」
「彼女を悲しませてしまった」

などと思い、不完全燃焼で終わったり、セックス後の雰囲気が悪くなったりします。

 

自分がイケない場合、彼女だけでもイカせてあげ満足させてあげるなど配慮してあげてください。

だから遅漏や膣内射精障害はしっかり対策しないといけません。

 

遅漏や膣内射精障害の対策方法

  • お酒を控える
  • AVやエロ動画などを観ないようにする
  • オナ禁をする
  • オナニーのやり方を変える
  • 薄いコンドームを使用する
  • サプリメントを飲む
  • 射精するイメージをする
  • 自分がどうやると射精しやすいか知る

では順番に説明していきましょう。

 

お酒を控える

お酒を飲むと勃起しにくくなったり、射精しにくくなります。

血中アルコール濃度0.05%以上(ビール1~2本、日本酒1~2合)で
勃起力は低下し、遅漏になりやすくなるとある研究結果でも出ているそうです。

私、自身もお酒を飲むと勃起力の低下や遅漏になりやすくなるというのは実感することですし、
周りからもよく聞きますし間違ったかなり正しい情報ではないかと思います。

だからお酒はできるだけセックス前には飲まない方が良いです。

初セックスする場合はお酒が入ってることが多いため、
その場合は例外です。

初セックスに持ち込むためにお酒を使う場合も多いからです。

遅漏や膣内射精障害の方は2回目以降のセックス前はできるだけお酒は控えた方が良いです。

 

AVやエロ動画などを観ないようにする

EDは全世界の男性がなる症状ですが、膣内射精障害という症状は実は日本人だけです。

膣内射精障害というのはオナニーはできるがセックスでは射精できないというものです。

それは日本人は世界でもっともエロい人種だと言われているぐらいエロく、
日本は世界有数のAV大国だからです。

 

AVのジャンルの多さ、AV女優のクオリティの高さ、AVの本数の多さ・・・

AV女優のクオリティも年々進化していっていますよね。
偽乳、豊胸、整形なども多いのでしょうが、
細いのに巨乳で美人だったり普通の男だったら一生抱くことがないだろうと思えるような

スタイルのAV女優も多いですよね。

でも、一般の女性のクオリティはそこまで進化しません。

 

日本ではグラビアアイドルがAV女優になったり、AV女優から芸能レビューできたりとAV業界が盛り上げっていますし
顔やスタイルの良い女優が集まるわけです。

一般の女性とセックスしても

「AV女優みたいにスタイルが良くないなぁ~」
「AV女優みたいにエロくないなぁ~」

などと思ってしまい、オナニーの方が良いと思ってしまったりするんです。

自分で手の強さをコントロールできますし、オナニーだと射精したいシーンで射精できますからね。

あまりにもクオリティの高すぎるAVを見ているから
実際のセックスとのギャップなどで膣内射精障害になってしまうんです。

 

クオリティの高いAVを観すぎたあまり一般の女性とのセックスでなかなかいけなくなってしまったんです。

現実を受け入れられなくなったということです。

 

オナ禁をする

オナ禁は効果があります。

ただ、いつセックスするチャンスがあるかわからないため、ずっとオナ禁できるようになるのが理想的です。
それが無理ならセックスしそうな日の3日前辺りからオナ禁をしましょう。

精子は3日で溜まると言われているからです。

ちなみにオナ禁に関するメリットを色々な人が語ってたりするかもしれませんが、
ほとんど証拠がない嘘です・・・

3時間睡眠で十分
想像力が増す
顔付きが変わる
痩せてくる
女の子から誘いがくる
ナンパされる
思慮深くなる
・・・

などです。

オナ禁したからといって逆ナンされるはずがないですよね(笑)
モテない人が考えた妄想に過ぎないわけです。

何年もオナ禁してる人は何人も知ってますが、みんな口を揃えてそんな効果はないと言います。

変な情報は信じこまないように要注意です。

今はスマホでもパソコンでもすぐにエロ動画が観れる時代です。
ですからオナニーを我慢するのが辛いこともありますが3日間は頑張りましょう。

 

オナニーのやり方を変える

足をピンと伸ばして足ピンオナニーすると遅漏になりやすいです。
また、しこり方が強すぎる可能性もあるため、ゆっくり優しくしこるようにしましょう。

床などにこすりつけてオナニーする床オナニーをやっている人がいるのなら辞めた方が良いです。

また半勃起のふにゃちんで無理やりオナニーするのも遅漏になりやすいです。
10分以内の短時間で終わらせるオナニーもEDの原因になったりします。

エロ動画などを観るのを辞めて、エロ本、グラビアアイドルの写真集を見て、官能小説、妄想でオナニーするなど刺激の弱いもので
オナニーするようにしたり、しこる強さを弱めたりオナニーの回数を減らすなどもしましょう。

 

薄いコンドームを使用する

できるだけ薄いコンドームを使用し、気持ち良さをアップさせましょう。
これも当たり前のようですが大事なことです。

サガミオリジナル001(ゼロゼロワン)やオカモト0.01ミリなどのような極薄コンドームを使いましょう。

 

サプリメントを飲む

遅漏対策にサプリメントも有効です。
亜鉛、シトルリン、マカなどを飲んでおきましょう。

何か一つだけ飲むとすればシトルリンです。
シトルリンが一番遅漏には有効だとされています。

このNow Foodsのシトルリンがお勧めです。

シトルリン

サプリメントは日本のものより海外のものの方が優れているため、
海外のものを飲むことをお勧めします。

お勧めはiHerb.comというサイトです。

公式サイト => [iHerb.com]

その中でもNow Foodsのサプリメントが安くて量も多くてお勧めです。

射精するイメージをする

「イク」ということを意識し、射精に集中するようにしてください。
射精をイメージし、射精のことだけを考えるようにしましょう。

そしてイキそうになったら即射精に向かいましょう。

 

自分がどうやると射精しやすいか知る

自分がどんなプレイをすると、すぐにイってしまうのか知っておくことはとても大切なことです。

騎乗位で巨乳を揺らされら乳首舐めされるとすぐにイってしまう
制服やガーターを履いてもらうと興奮してすぐにイってしまう

など色々と人によって好みや興奮するポイントは違うと思います。

その自分がすぐに射精できてしまうような最高のプレイを知ることはとても重要です。

 

女性や状況によってもイキやすさがある

相手の女性によって射精しやすい、しにくいというものもあります。

女性の顔、身体、セックス中のエロさ、膣の閉まり具合など女性によって違うからです

また遊び人の男性には「初セックスでないとなかなかイケない」というような男性もいます。

こういう男性は新規セックスでないとイキにくくなっているため、婚期が遅れてしまいますので
できるだけ同じ女性でもイケるようになるように訓練すべきです。

 

まとめ

遅漏や膣内射精障害はかなり辛いです。

30代、40代、50代と加齢になるとなりやすくなりますから注意しましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

婚活・恋活を加速するブログでは書けない効果抜群の恋愛ノウハウプレゼント

※ ページが表示されなくなった場合は配布終了しています
  • 遅漏や膣内射精障害の対策方法 – 30代男性の大人の話 –

    0 シェア

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

友だち追加数