日常生活中にナンパできるようになろう

ナンパできるようになれば出会いは増える

世の中にはナンパをしたことがある男性は大勢いますが、
日常生活中にナンパしてるような男性はほとんどいません。

 

ナンパをするために渋谷や新宿などの都会に行き、
数時間ナンパする

というのが一般的なナンパ師がナンパするスタイルです。

 

繁華街に行き「よし、ナンパするぞ」
気合を入れないとナンパモードに入らないというナンパ師が多いわけです。

 

しかし、そうではなく通勤中、買い物中、用事で出かけている途中などでも
ナンパできるようになったらどれだけ出会いが増えるでしょうか?

考えたらわかりますよね。

 

日常生活中にナンパできるようになろう

特にお勧めなのが通勤中のナンパです。

  • 家から電車までの道路
  • 駅のホームや電車の中
  • 駅から会社までの道路

大勢の女性に出会いますよね。

 

ただ、問題は家の近所でナンパすると誰に見られているかわからないし、
会社の近くでナンパしても誰に見られているかわからないということです。

 

だから家や会社から近すぎる場所では、声をかけないなど気をつけないといけませんし、
家の近くでナンパした女性とは家が近すぎる可能性が高いです。

だから家が近い女性と知り合いたいなら良いですが、そうでない場合は家の近くでのナンパはお勧めしません。

 

家や会社の最寄り駅でナンパするのが不安な場合は
運動もかねて毎日1駅歩いて、ナンパして帰るというのもお勧めです。

太っている人にはダイエットにもなりますし、こういうやり方がお勧めです。

 

また、書店に行った時、カフェに行った時、服屋に行った時などでもナンパはやろうと思えばできます。

 

書店なら読んでる本の話題から会話を広げられますし、
カフェならカウンターテーブルの席があれば横の女性に話かけやすいです。

服屋なら服の話からある程度仲良くなれば連絡先も交換しやすいくなります。

 

ただ、お気に入りの服屋の場合は下手にナンパすると行きにくくなりますので注意してください。

 

ナンパが苦手な男性は常に紙を持参しておき、LINEのIDを記入した紙を渡すなどしましょう。

それでもただLINEのIDを渡すのではなく、渡す理由ぐらいは伝えましょう。

 

渡す理由も上手く言えないぐらいシャイな男性は
ある程度メッセージを書いた紙を渡すようにした方が良いです。

 

実際、こんな方法で上手くいくのか?

疑問に思うでしょうが、LNEのIDを渡して成功した人や手紙を渡してナンパ成功した人は大勢います。

何もしないよりは日々行動している方が良い結果に繋がります。

 

店員や通勤電車が同じなどで何度も会う機会がある女性の場合は
1回目でLNEのIDを渡すより何回かやり取りしてからLNEのIDを渡した方が成功率は高まります。

 

何回も会えるか保証はありませんし、
どうしても1回目でLNEのIDを渡した場合は渡しても良いと思います。

 

大勢のナンパ師のように街にナンパしに行った時だけナンパするのではなく、
日常的にナンパして出会いのチャンスを逃さないようにできるようになってください。

 

日常ナンパは習慣化する

日常ナンパは、できるようになったら習慣化してください。

なぜなら、少しでも日常ナンパをしなくなったら思うように日常ナンパができなくなります。

 

歯磨きするように自然に足が動き、声をかけないといけないのに
ナンパしない期間が空いてしまうと

迷ったり、また今度っていいかってなってしまい、思うようにナンパできなくなります。

 

彼女ができたから日常ナンパを辞める、
仕事が忙しくなったから日常ナンパを辞めるなどというようになると

せっかく身体で覚えてできるようになったのにできなくなるんです。

 

筋トレしてた人が筋トレしなくなったら筋肉が落ちてしまうのと同じです。

ライザップに通って痩せた人が筋トレしなくなったらリバウンドしてしまうのと同じです。

 

日常ナンパが自然にできるようになったら辞めずに続けるようにしましょう。

私もナンパをしばらく辞めてから再開しようとしたときに苦労しました。

 

まとめ

日常生活から出会いを作る出すことで

効率よく、時間を有効的に使いながら出会いを増やすことができます。

婚活・恋活を加速するブログでは書けない効果抜群の恋愛ノウハウプレゼント

※ ページが表示されなくなった場合は配布終了しています
  • 日常生活中にナンパできるようになろう

    0 シェア

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

友だち追加数