女性の連絡先を聞き出せる成功率を上げるセリフ – 30代男性の婚活会話テクニック –

レベルの高い女性でも連絡先を聞ける可能性アップ

出会いの場に好みの女性がいた場合、
あなたは連絡先をしっかりと交換できていますか?

合コンや街コンで女性の連絡先を聞く

などです。

会社や習い事など何度も女性と会えるチャンスがあるのなら
焦らなくてもチャンスはあるでしょう。

しかし、そのタイミングでしか女性の連絡先を聞き出すチャンスがない場合も多いのです。

ナンパ、異業種交流会、オフ会などで出会った女性とは
LINEなどの連絡先を聞かないと2度とチャンスがないわけです。
会話が盛り上がっても
女性からいいなって思われていても

連絡先を交換しないことには次回会うことができないわけです。
逆を言えば、女性と会話をほとんどしていなくても、
連絡先さえ交換しておけば次回に繋がる可能性はあるのです。

だから職場、学校、習い事などでまた会えるとわかっている場合以外は
ほとんど会話していなくても連絡先を聞くようにした方が良いです。

 

女性の連絡先を聞き出すには理由をつける

「今度、食事行こう」
「今度、●●しよう」
などの理由をつけ、そのために連絡するからということで連絡先を聞くのがとてもスムーズです。
会話の流れから「●●行こう」などの話をしたり、
何かの情報を送るために連絡先を交換するなどです。

よくあるのが

「●●って焼き肉屋知ってる?」などの話から

「今度、行こうよ」と言ったり
「店の情報送るから」などというわけです。

 

恋愛対象に入っていない場合でも連絡先を聞き出すには

恋愛対象に入っていない場合に連絡先を聞き出すにはどうすれば良いのか?

それは

「今度、飲み会しよう」
「今度、バーベキューでもしよう」
などのように言って、その流れでLINEなどを交換することです。

飲み会やバーベキューが連絡先を交換する口実になっていますし、
1対1で誘うといってるわけではないから気軽に連絡先交換ができるわけです。

「今度、飲み会しよう」
「今度、バーベキューでもしよう」
ということで連絡先交換の成功率が上がります。

女性から興味を持たれていなくても、連絡先交換しやすい方法になります。

この方法で連絡先を交換したからといって、

飲み会やバーベキューを必ずしないといけないってわけではなく、
後日1対1で遊びに行くことだってできます。

ただ、デメリットとしては間接的な連絡先交換をしているため、
連絡先交換した後に1対1で遊びに行けなかったりする可能性は増えます。

 

「あなたのことが気に入ってるから連絡先交換しよう」
と直球で言う方が断られる場合も多いですが、連絡先交換できたらデートに行きやすいです。
どちらにもメリット、デメリットはあるということです。

 

複数人で遊びことを提案する場合

LINEを交換しやすいというメリットがありますが
少し恋愛に発展しにくいです。

 

好意があるからLINE交換しようと言った場合

ありかなしかで判断されLINE交換できないことも増えますが
LINE交換できた場合は恋愛に発展しやすいです。

 

今回のまとめ

「今度、飲み会しよう」
「今度、バーベキューでもしよう」
というのは他のセリフよりも早く連絡先交換できます。

だから、その場限りの出会いなど短期間で連絡先を聞かないといけない場合は
こういうフレーズを使い、さっさと女性の連絡先を聞いてしまいましょう。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

婚活・恋活を加速するブログでは書けない効果抜群の恋愛ノウハウプレゼント

※ ページが表示されなくなった場合は配布終了しています
  • 女性の連絡先を聞き出せる成功率を上げるセリフ – 30代男性の婚活会話テクニック –

    0 シェア

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

友だち追加数