ナンパで声かけができず地蔵になってしまう5つの原因

ナンパしようと思っても声がかけられない

ナンパしようと思っても声がかけられないのは当たり前のことです。

ナンパという行為自体が不自然な行為だからです。

 

余り経験のないことは誰もが実行する時に緊張しますし、
余り他の人がやらないことをやろうとすると抵抗を感じるものです。

 

ナンパができる人は度胸や勇気があったり、
余り深く考えずに行動できる人です。

 

ほとんどの場合、この5つのどれかが原因で声をかけることができません。

 

ナンパで声かけができず地蔵になってしまう5つの原因

  1. 女性慣れしていない、女性が怖い
  2. プライドが高く「いい年してナンパして」などと思われたり、無視されるのが嫌
  3. 声かけの方法がわからない
  4. 周りに見られるのが恥ずかしい
  5. 考え過ぎてしまう

順番に解説していきます。

 

女性慣れしていない、女性が怖い

ナンパやりたいという男性には2パターンに別れます。

  1. 元々遊んでいたチャラ男や遊び人タイプ
  2. コミュニケーション能力が低く垢抜けていない地味なキモオタタイプ

元々モテずに出会いがないから自分を変えようと思い、
ナンパしようとしてもうまくいかないこともあります。

逆にチャラ男や遊び人タイプだけど勝手に女性が寄ってきたようなタイプの男性は
プライドが高く無視されたら嫌だからなどの理由で地蔵になることもあります。

 

もし、最初にナンパして挫折してしまいそうになるのなら
モテない男性の場合、女性慣れを少しずつしていきましょう。

 

プライドが高く「いい年してナンパして」などと思われたり、無視されるのが嫌

ナンパを馬鹿にする人もいますが、ナンパしてる人を尊敬したり憧れるような人もいます。

 

「いい年してナンパして」と思う人も一定数がいますが、気にしないマインドが大切です。

ナンパは断られて当たり前、無視されて当たり前です。
向こうは彼氏がいたり、旦那がいるかもしれないですし、
出会いを求めていないかもしれません。

そんな女性だったらただの迷惑行為ですし、女性に不快感を与えるだけです。

 

逆に出会いを求めているような女性やナンパを受け入れてくれるような女性だったら
相手の女性も嬉しいと感じます。

嬉しくて「軽く思われたくない」という気持ちから無視する女性もいますし、断る女性もいます。
だから断られて当たり前、一度断られても諦めずに粘ることです。

 

粘り過ぎると女性に不快感を与えまくることになりますので限度もあります。

 

声かけの方法がわからない

声のかけ方がわからないと悩む人がいますが、
難しく考えるよりとにかく行動して慣れることです。

考えるより行動です。

それができない場合は会話をシミュレーションし、
こう言えばこう反ってくるからこう言おうなど予め何パターンか考えておきましょう。

 

周りに見られるのが恥ずかしい

  • 人が多い場所でやって恥ずかしいなら人の少ない場所で声をかける
  • 人が少なくて目立つと思うなら人が多い場所で声をかける

などしていくのが良いです。

 

考え過ぎてしまう

  • イヤホンをして歩いているから辞めておこう、
  • 足は速いから辞めておこう
  • 美人過ぎて無理だろうと諦めてしまう

などのように色々考えて諦めてしまうということです。

 

イヤホンをしてる女性はナンパ防止のためにイヤホンをしてる場合もあり、
無視されやすいので余りお勧めではありませんし、早歩きの女性も無視されやすいです。

ですので余りお勧めではありませんが

女子高校生や彼氏と一緒に歩いている女性などは声かけてはいけませんが、
できるだけどんな女性だろうと声をかけるぐらいの気持ちでナンパした方が良いです。

 

まとめ

ナンパで声かけができず地蔵になってしまう5つの原因について解説いたしました。

どうすれば声がかけられるようになるのかは
声をかけられるようになる方法はこちらをご覧ください。

 

ストリートナンパで声かけ出来るようになる方法 – 30代男性のナンパデビュー –

婚活・恋活を加速するブログでは書けない効果抜群の恋愛ノウハウプレゼント

※ ページが表示されなくなった場合は配布終了しています
  • ナンパで声かけができず地蔵になってしまう5つの原因

    0 シェア

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

友だち追加数