女性にデートを認識させないと友達止まりで終わってしまう

友達止まりで終わってしまうことを避ける一つの方法

恋愛で悩める男性の悩みで多いのがいい人止まり、
友達止まりというものです。

 

そういう人の特徴は優しい人、いい人なのですが、
でも、なぜそういう人がいい人止まり、友達止まりになってしまうのか?

それは男性的魅力を出せていないということもあるのですが、
その一つに一緒に遊んでることをデートと認識させることができていないかもしれないということです。

 

女性を誘う時に

「デートしようよ」ではなく
「食事に行こう」と誘うことの方が多いですよね。

その方が女性も誘いを受け入れやすいからです。

 

女性を誘う時に

「デートしようよ」と誘うと好感度が高かったり、
脈があれば受け入れられますが、そうでなければ女性も身構えてしまい、気軽に誘いに応じません。

なので少しでも誘いのOKをもらうために「食事に行こう」と誘うわけです。

会っていない時は好意を匂わせず、
できるだけ受け入れられやすいような誘い方をすべきです。

 

基本的に意識していただきたいことは

「会っていない時(スマホでやり取りしてる時など)は好意を匂わせず会うことを目的にし、会ってる時は好意を匂わせる」
ということです。

電話、メール、LINEなどで連絡してる時に口説くことは
恋愛経験がある程度ある男性ならやっても問題はありませんが、

恋愛経験が少ない女性慣れしていない男性がやるとミスしてしまいやすいです。

 

特にメール、LINEなど文字で伝える場合、慎重にミスのないように送る文章を確認したり、
無難な文章を作って送ったほうが良いわけです。

だから会っていない時と会っている時では目的が違うということを覚えておきましょう。

 

会えるように連絡する → 会えたら口説く
です。

会ってる時に女性を口説かないで食事をご馳走してあげたりすると

『ただの食事を食べさせてくれる人』
になってしまいます。

食事に誘われた女性はデートと認識していないかもしれません。

ただ『ご飯を食べに連れて行ってくれる気前の良い人』だと思われているかもしれません。

私の知ってる人にも割とそういう人は多いです。
特に男女の年齢差が5歳以上離れている年下を狙っている場合はありがちなことです。

 

優しそうないい人が5歳以上離れている年下の女性と食事をする場合

『職場のおっさんがご飯連れて行ってくれる』

これに近い感じになっているわけです。
あなたはデートだと思っていても
女性はそうは思っていないということはよくあることです。

だからデート中はデートであることを認識させましょう。

 

そうしないと

「暇だったから来ただけ」
「おいしい物奢ってくれそうだし」
と思われたままです。

女性にデートという認識が全くないまま、デートが終わってしまうことになります。

いつまで経っても恋人関係に発展しないなんてことになってしまいがちです。

 

デート中はデートであることを認識させる4つのポイント

デート中はデートであることを認識させるには4つのポイントがあります。

  1. 雰囲気の良いお店や場所に行く
  2. 『デート』だと伝わるようなセリフを言う
  3. スキンシップをする
  4. 口説く

順番に説明していきましょう。

 

雰囲気の良いお店や場所に行く

雰囲気の良いお店や場所というのは、

お洒落で女受けしそうなダイニングバーなどに行ったり、
カップルが多く集まる夜景の綺麗な場所に行くということです。

夜景スポットに行ったりキスできそうな雰囲気の場所に行ったりしてムードを高めるわけです。

 

『デート』だと伝わるようなセリフを言う

例えばですが

「デートなんて久しぶりだなあ」
「●●ちゃんとデートできるなんて俺最高だなあ」
「デートとか久しぶりだから上手くエスコートできるなあ(笑)」

などのように『デート』と口に出して女性に発言するわけです。

これは『デート』なんですよってわからせるのが目的ですが、
さりげなくサラッと言うのがポイントです。

さも、当たり前のように言いましょう。

 

スキンシップをする

スキンシップとは頭を「よしよし」と撫でたり頭を軽くポンポンって叩いたり手を繋いだりすることです。

当たり前なのですがスキンシップはタイミングが重要です。

仲良くないのにいきなり頭を「よしよし」と撫でたり、
頭を軽くポンポンって叩いたり、手を繋いだりすると逆効果になります。

スキンシップをする時はかなりタイミングを気をつけてください。

タイミングを間違わなければデート中に手を繋いだりするのは非常に有効な方法です。

手を繋ぐことで女性もドキドキしたり、あなたを意識しやすくなります。

段差や足場が悪い場所を歩く時や人ゴミではぐれそうな場合などは手を繋ぐ口実になりますし、
夜景やイルミネーションを見ている時も手を繋ぎやすいです。

 

口説く

雰囲気の良い場所や車で女性を家まで送っていった場合などに
口説くセリフを言うわけです。

女性は口説かれないと好意がハッキリわからないこともあり、
口説くことで結果を出せることもあります。

 

まとめ

いつもいい人で終わってしまうような人
会ってる時に好意を匂わせるようにすることを意識されてはいかがでしょうか?

婚活・恋活を加速するブログでは書けない効果抜群の恋愛ノウハウプレゼント

※ ページが表示されなくなった場合は配布終了しています
  • 女性にデートを認識させないと友達止まりで終わってしまう

    0 シェア

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

友だち追加数