好きな女性へアプローチするLINEの送り方 – 効果的な8つのルール –

年々進化する女性との連絡手段

時代が進むことで他者との連絡の取り方というのは年々変化していっています。

手紙、固定電話、ポケベル、携帯電話、メール……今ではスマートフォンの普及によりアプリを使った連絡方法 “LINE” が主流となってきました。

30代なおじさん世代と言えど、女性と出会いたいなら……特に若い女性と出会いたいなら
ガラケー(ガラパゴス携帯)では無く、スマートフォンを持っておくべきです。

ガラケーでも一応LINEができるので、機種を変えたくない人でもLINEは使っておくべきです。
もちろんあまり使い勝手はよくありませんが…… =>[ガラケーでLINEに登録する方法] *他サイトリンク

女性との出会いの場で連絡先交換する時に

男性「メールアドレス教えて」
男性「電話番号教えて」と言っても

女性「LINEでいいですか??」
と言われたりすることも多いです。

だから機械音痴な方でもLINEは必ず使えるようにしておきましょう。でも……

「メールとLINEはどう違うのか??」
「LINEの仕方がわからない」
「なぜか既読スルーされる」
というような人は大勢います。

まずはその点について解説していきましょう。

 

LINEとメールは違うのか?

知らない人だと、メールとLINEは『連絡手段であり何が違うのか??』と疑問に思われがですが……

  • メッセージがチャット形式
  • 絵文字の他にスタンプというLINE専用コンテンツ
  • タイムラインやグループというSNS機能
  • 既読やブロック機能

連絡手段という意味では大きな差は無いですが、
使いやすさ、連絡することへの気軽さなどまったく別のものと思ってもいいでしょう。

そのLINEの特性を活かしつつ、ついついやってしまう間違いなども含めて
効果的に女性とLINEでやりとりをする為の方法をご紹介したいと思います。

 

好きな女性との8つのLINEの送り方

  1. 基本的に即返事をしない
  2. 文章量を女性と同じぐらい、または少し短めにする
  3. スタンプや絵文字を、女性より多く送らない
  4. LINEのやり取りを女性で終わらせておく
  5. LINEで口説くのではなく会ってる時に口説く
  6. 好感度と距離感を見極めながらLINEする
  7. 最初は余計なLINEをしない方が良い
  8. 付き合ってからはマメに連絡をする

基本的には女性とのメールのやり取りでもこのルール通りにすれば問題ありません。
これは女性との連絡の仕方のルールなのです。

それでは順に説明していきましょう。

 

基本的に即返事をしない

好きな女性からLINEが来たら嬉しいし、やり取りをしたいという気持ちを持っていますからすぐに返事したくなりますよね。

でも毎回すぐに返事をしていると……

「ちゃんと仕事してるのかな?」「暇なのかな?」と思われたり
「がっついてる」「私に気がある」「必死だな~」などと思われることがあります。

そう思われるとポジション的な立ち位置が格下の男性となり
魅力が下がってしまい、女性からの好感度を下げてしまうことがあります。

なので基本的には即返事を送るのではなく、多少揺らぎを持たすことが大切になるわけです。

女性からLINEが来たら嬉しいですし、すぐにでも返事をしたくなるかもしれませんが我慢することも必要です。
やり取りしない気持ちを抑え、どうすれば女性からの好感度が上がるのか考えながらLINEしていくことが重要です。

ただ、すぐに返さないといけない場合もあります。

待ち合わせ場所でやり取りをしている場合相手からも即返事が来るタイミング、同じように暇な夜の寝る前の時間帯などは、テンポのいいLINEのやり取りを楽しんでも良いです。
メッセージのやり取りのテンポが良いのもLINEの魅力の一つになるわけですから。

ですが毎回、即レスをすると嫌がる女性もいます。

メンへラな女性、極度の寂しがり屋な女性、自分に自信の無い女性、恋愛経験の疎い女性の場合は毎回即レスで送ってあげる方が喜んだりしますが、

モテる女性や周りにたくさんの男性がいるような美女の場合は、即レスするよりも余裕を持ち間隔を空けて返事する方が良いです。

あなたの好感度がまだそこまで高くない場合や忙しい女性などは毎回、即レスでLINEされるとうっとうしいと思ってしまうかもしれませんし、相手のことを考えてLINEするようにしましょう。

LINEの揺らぎや間隔の開け方ですが、
女性よりもLINEの返事の間隔は空けた方が良いです。

女性が1時間後に返事をしてきたら、あなたは1時間半後に返事をするなどです。

そうすることで女性はあなたの返事を待つようになります。
返事を待ってる時って相手のことを考えたりしますよね。

つまり、そういうことなんです。

あなたも女性から返事がなかなか来ないと気になって仕方がなくなったりしますよね。
その感覚を女性に与えるということです。

 

文章量は女性と同じや少し少なくする

女性の文章量が1行~5行ぐらいなのにあなたの文章量がその2倍などあったら
明らかにがっついてる必死にメッセージを打っているという感じが出てしまいます。

なんかガツガツしてる、好意が丸わかりで食いついてるというような好意があることを明らかに女性に悟られるわけです。

逆にあなたの文章量が少ないのに女性からの文章量が多かったら
脈がある可能性が上がり、良い傾向ですが、あなたがガツガツしたら女性は嫌がります。

なので、文章量は女性と同じや少し短めにしてください。

 

スタンプや絵文字を女性より多く送らない

スタンプや絵文字も文章量と同じです。
女性と同じや少し短めがベストです。

スタンプや絵文字を多用し送りまくる男性がいますが……正直に言います。

辞めた方が良いです。

スタンプを送りまくっても女性の好感度が上がることはありません。
スタンプはたまに送る程度で充分です。

ただ、付き合ってる彼女やかなりお互いの関係が深まっていたり、メンへラ、寂しがり屋な女性などの場合は
スタンプを送りまくった方が良い場合が多いです。

 

LINEのやり取りを女性で終わらせる

LINEのやり取りもメールのやり取りも同じですが、女性で終わらせることを意識してください。

そうすることで女性が「返事遅れるのかな?」と考える時間を作れます。

考えれば、考えるほど……

「なんで私、こんなにあの人からのLINE待ってるんだろ」
となり、恋愛に発展させるきっかけを作れます。

例えば……

男性「じゃあ19時恵比寿で待ち合わせね」
女性「わかった!楽しみにしてるね」
とここでストップさせるわけです。

間違ってもこの後に「俺も楽しみ」などと送らなくて良いわけです。

できるだけLINEのやり取りを女性で終わらせることを意識するようにしておいてください。

 

LINEで口説くのではなく会ってる時に口説く

LINEで女性を口説くというのは会っている時に口説くよりもリスクが高い行動です。

デート中など会っている時であれば、しっかりと伝わることもLINEだと重く伝わったり、予期せぬ伝わり方をしてしまうことがあります。

直接会うデート中なら好意を伝えたことを失敗しても、表情やその後の対応で冗談っぽく濁したりすることもできます。

また、デート中なら断られても押して付き合うこともできます。

「押しに負けて付き合った」なんてよく聞きますよね。
ガツガツ押すのもタイミングが大切なんです。決してLINEなどで押すのはタイミングとは言えませんね。

つまり、そういうことなんですよ。

LINEは連絡手段として使用し、口説くのはデートなど会ってる時
というマインドを持ってる方が良いです。

 

好感度と距離感を見極めながらLINEする

女性からどう思われているのか??
これを考えながらLINEするのが重要です。

  • 嫌われているのか??
  • なんとも思われていないのか??
  • 少しは気になってくれているのか??
  • 好かれているのか??

こういうことを考えながら、好感度と距離感を見極め女性とLINEをするわけです。

嫌われている場合と好かれている場合では、送る内容も送るタイミングも変わるわけです。
そこをわからずにどんな場合でも同じようにLINEを送っている人が多いです。

 

最初は余計なLINEをしない方が良い

“マメにメールする男はモテる” とかあなたは聞いたことないですか??

「お前はマメじゃないからモテないんだよ!マメになれ」とか言われたことないですか??

ちなみに、昔に私が言われた言葉です(笑)

しかし、マメだからモテるとは限りません。マメさが有効な場合とそうではない場合があるからです。

  • 好きな男性
  • 惚れた男性
  • 彼氏
  • 旦那

などからマメにされると女性は喜びます。しかし……

  • どうでも良い男性
  • 好きでない男性
  • まだよくわらない男性

などからマメにされても女性は嬉しくありません。

もちろん女性のタイプが押しに弱い人や寂しがり屋な場合はマメにした方が良い場面になります。

あと、あまり恋愛経験が少ない女性の場合、
積極的にLINEを送りまくった方が良かったりします。

モテる女性はいろんな男からLINEが来たりするからウンザリするんですね。

ペアーズやomiaiなどのような婚活アプリに登録してるような女性には
余計なLINEをしても喜ばれることは多かったりします。

ですが、基本的には女性と連絡先を交換したらデートの約束をするなど用事がある場合
デートの日程の確認をする時にLINEで連絡をするぐらいで充分です。

よく勘違いしている男性が……

  • 「おはよう」「おやすみ」などの挨拶をするLINE
  • LINEで好意を伝える
  • 今日の出来事などをLINEで送る
  • 「何してるん?」などとLINEを送る

などとマメに送ろうとしたり、連絡を取りたい一心でLINEを送ったりしますが、正直必要がないわけです。
余計なLINEの多用は、既読無視される原因に繋がったり、ブロックされる原因になります。

 

付き合ってからはマメに連絡をする

付き合ってからはマメに連絡した方が良いです。
付き合ったらあなたは大好きな彼氏になるわけです。

彼氏からLINEが来たら女性は嬉しいものです。
もちろん過度な連絡の取り方は嫌う女性もいるので一概にはいえません。

  • だから女性がマメにされるのが好きにタイプなのか??
  • 忙しくてあんまりマメにすると嫌がるタイプなのか??

を考えながら付き合う前よりもマメにするのが良いです。

 

今回のポイント

さて、簡潔にまとめたつもりが結構長くなってしまいましたが、
以上が好きな女性へとアプローチする為のLINEの送り方、効果的な8つのルールとなります。

連絡手段という意味では、LINE以外のメールやペアーズなどのメッセージ、その他カカオトークなどのトークアプリなどでも同じように考えてください。

連絡を取る……というのは、恋愛だけでなくコミュニケーションの基本であり
恋愛ではデートの約束をしたりと必須な部分でもあります。

今回お話したことすべてが、すべての女性に当てはまるわけではありませんが、
これらを基本とし、女性のタイプを見極めることで……

ただ連絡を取るという部分でも、好感を得れたり、恋愛モードへと切り替えるなど
女性の心理的な部分に作用してくるわけです。

必須事項だからこそ女性との連絡の取り方を理解し、好きな女性と付き合えるように頑張りましょう。

女性とのLINEで悩んでいるのならこれらの記事も読んでみることをお勧めします。

 

女性とのLINEやメールの記事一覧

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015

婚活・恋活を加速するブログでは書けない効果抜群の恋愛ノウハウプレゼント

※ ページが表示されなくなった場合は配布終了しています
  • 好きな女性へアプローチするLINEの送り方 – 効果的な8つのルール –

    0 シェア

コメントを残す

このページの先頭へ

友だち追加数